(English) MTPE Postediting

機械翻訳ポストエディット(MTPE)VS従来型翻訳

参照先:https://medium.com/@aaronfinnan12/machine-translation-post-editing-mtpe-vs-traditional-translation-c540ef8c7fc9

2018年5月25日

世界市場に足を踏み入れるとき、あなたのメッセージを正しい方法でターゲットになる市場に伝えることが不可欠になります。文化の感受性はグローバリゼーションの重要な側面であり、言葉がギャップを埋める唯一のものです。

適切でない口調で間違った言葉を使うと、大衆の信頼を多く失う可能性があるため、慎重に話す必要があります。

翻訳サービスに出資している会社には、多くの選択肢があり、ほとんどすべての会社が何らかの形で機械翻訳を取り入れています。一部の人々にとって、これは重要ではないかもしれませんが、それはあなたの世界市場での成功のチャンスを形作ることにおいて非常に重要な役割を果たします。

以下は、翻訳会社に依頼する際に彼らのオプションを検討するときに留意すべき点です。

MTPEとは?

機械翻訳のポストエディットは、翻訳会社が繰り返し多くの人的資源を必要とする大量のデータに使う戦略です。

企業にとっては、以下の理由から、機械が生成したデータを編集する時間とコストの面で優れた選択肢になります。

Ø繰り返しの多いデータがある場合、翻訳者は他の部分で努力するべきです。機械はそのようなデータを処理するのに便利で、後で翻訳者によって評価編集されます。

Ø高品質であることが最優先事項であり、翻訳を短時間で行う必要がある場合、機械翻訳に作業の半分をまかせることは大変効果的な戦略です。

Ø機械翻訳ができることは機械にまかせて、作業データ量を減らし、そのエネルギーをより生産的な方向に向けることができます。

Øこれにより、従来の翻訳と同じコストで、はるかに短い期間で大量のデータが作り出すことができます。

しかし、一部の人たちは 自動化されたツールには「人間の関わり」がないため、出力に大きな影響を与え場合があり、そのためMTPE での結果は良くないと主張します。  しかし、この品質の低下はごくわずかであり、長期的には無視できます。さらに多くの時間を節約することで、会社はより多くのプロジェクトを達成することができます。そして翻訳内容は異なりますが、ほぼ同じ品質を維持できます。

MTPEと従来の翻訳サービス

MTPEによって、従来の翻訳サービスが提供するのと同じ品質のコンテンツを、同じコストで、しかもはるかに速い納期で提出できます。

一部の人たちは、機械が従来の「本物」の翻訳サービスに取って代わったと主張して、制作されたコンテンツは「人間的」な感覚を欠いていると主張します。

しかし、MTPEは従来の翻訳者の競争相手では無く実際には逆のものです。

MTPEは、従来の翻訳サービスだけでは作り出せなかった、同じく高品質のコンテンツを大量に作成するための、機械ベースの翻訳サービスと人間ベースの翻訳サービスのコラボレーションです。

結論

従来の翻訳者の役割は直接的に変化してきていますが、それは思うほど柔軟でないわけではありません。実際、翻訳者は同じ時間内で、より多くのプロジェクトを達成できるので、すばらしいことのように思います。