GCEインスタンス上のUBUNTUにリモート接続してPYTHON開発

Ubuntu18.04 インスタンスを  GCE (google cloud compute engine)上に構築。  mate-desktop を GUIとしてインストール. (最初、”gnome-desktop”を GCEにインストールするがかなり遅くて使い物にならなかったので. )

その後、ノートPCから2種類の接続手段で接続した

  1. Windows リモートデスクトップ接続を使う  (xrog+XRDP).

2 VNC viewer(Vncserver+ VNC )を使って接続する 。

同じインスタンスに接続するが異なる画面になる。接続はできたが日本語が使えない。いろいろ試して査収的に言語サポートから言語のチェックを全部外したら日本語がにゅうりょくできるようになった。*注:Japanese-Mozc” はイストールしておいてください。,

Anaconda と Python2 & python3 を ” pyenv “でインストールした。

通常のUBUNTUの画面に比べるとかなり早く、ノートブック(corei3+4G メモリ)でも、そうイライラせずに使えた。

めでたし、めでたし!

  • 参照URL

http://verifiedby.me/adiary/0126

https://www.server-world.info/query?os=Ubuntu_18.04&p=japanese

https://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0417

http://choco-eclair.work/article/182757597.html

https://kapibara-sos.net/archives/305

http://verifiedby.me/adiary/0126

All check out.

=

Only “English” is displayed

↓Remote Desktop on Windows

↓Ubuntu Mate

via XRDP

via VNC

GCE Instance